映画「ゴールデンスランバー」

LINEで送る
Pocket

CSで映画「ゴールデンスランバー」を見ました。

中村義洋監督作品は初めて見るかも。
奇想天外でちょっとマンガ的でもあるけどJFK暗殺事件のように実際にあってもおかしくないストーリー。
「鍵泥棒のメソッド」「クヒオ大佐」など最近堺雅人の出演作品が好きです。
他の役者さんたちもいい味出していて、昔の友だちという設定は「スタンド・バイ・ミー」のような雰囲気ですごく入り込みやすかったです。
香川照之は「鍵泥棒」「カイジ」など悪い役が最近多い気がしますが妙にハマっていていいです。
竹内結子はもちろん可愛いし、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳、ベンガル、でんでんなど個性派俳優さんたちのキャスティングもハマってます。

いわゆる逃亡劇なのですが、ハリウッド系のハラハラドキドキというよりは何となくコメディタッチな所も好感持てました。
実はつい最近の井筒監督の「黄金を抱いて翔べ」も先日見たのですが、ちょっと有り得ない部分(主人公が全然死なないとか…)が少し残念でした。

何はともあれ、「ゴールデンスランバー」、すごく面白かったので、時間があったら伊坂幸太郎の原作も読んでみようと思いました。
中村義洋監督つながりで「チーム・バチスタの栄光」も今度見てみよう。

LINEで送る
Pocket