カタール紀行 その3

LINEで送る
Pocket

基地内でのショーは野外ステージでお客さんは2000人くらい来てたでしょうか。
盛りあがって最高のステージでした。
2日目も同じステージの予定だったのですが砂嵐がとても激しくて目も開いていられないくらいだったので、急遽隣の小ホールに現場変更。
1日目が野外で楽しかっただけに残念!でも仕方ない。
ショーの中ではコメディアンのトークショーなんかもあってみんな盛り上がってました。

一日基地内で泊まって翌日再び砂嵐の続く中ドーハ市内へ。

今回は初日とは違うホテルでした。Marlena Zion(Vo)とGary Bell(Gt)

コーディネート他色々なバンドの世話をしてくれたWhitney Oliver。すごく元気いっぱいの人で何度も助けられました。

左から、
Gary Bell(Gt)、僕、Whitney Oliver(Coodinator)、K.D.Brosia(Vo)、Kenny Hill(Ds)、Elan Markos(Key)、Marlena Zion(Vo)

一息ついてみんなで夜の街へ
通りを走っていると突然遊園地が!

ダウンタウンでは人がアリのようにわさわさ出てきていて、みんなその辺の道路の間にある緑地帯なんかで高校生のように宴会(?)をしていました。日本でいうと花見をしている感じ。
湾岸のリゾート地の方、マリオットホテル内にあるレストランへ。

目の前でサーブしてくれる肉は最高で、特にチキンの肝が美味でした。

こちらはパイナップルのロースト

野菜のバイキングも美味しかった!やっぱり香菜好きです!

英語もそこそこ喋れますがやっぱり言葉の壁はあってたまに伝わらない事があったりしたけど、皆さん真剣に聞いてくれて、そこも海外ならでは楽しみです。

この日はアイリッシュウィスキーのJAMESONに呑まれました^^楽しかった。

LINEで送る
Pocket