Vanilla Grotesque

LINEで送る
Pocket

新宿のスペース107という小さな小屋で『Vanilla Grotesque』というダンス舞台劇を見てきた。
谷口喜男YoshioTaniguchiブログ

単純にダンスのショーとしてのものはこれまでも仕事で参加させてもらったり見てきたりしたけど、舞台劇なるものは初めてでした。
っといってもセリフをしゃべるという舞台ではなく、そこらへんは全て踊りにて表現するという感じ。
約60分くらいのステージだったけどあっという間でした。
とにかく皆さんキレがある踊り手さんばかりで迫力ありました。
特に主催の牧宗孝さん
いくつも小話がある形式だったんだけど、正直何度か感動で泣いてしまいました。(真面目な話、あまり普段は泣かないんですが、、)
あ~こうやって感動を共有したり、与えたり、与えてもらったりできるんだなあ、と深く納得してしまいました。
舞台って素晴らしい
ダンスとは少し違うけど音楽という分野で仕事をしていく事にものすごく勇気をもらった気がします。
年の〆にいいものを見させて頂きました。
Iさんありがとう。
その後は普段から仲良くさせてもらってる霜田裕司さん(Tb)や竹原智明さん(Vo)なんかと新バンドの打ち合わせと称して忘年会のような飲み会に行ってきました。
楽しかった
ワインが美味しくて1.5本、いや2本分くらい飲んだかな~
しかしなんだか最近酔っ払えなくなってきました。そんなに普段飲まないんだけどな~。

LINEで送る
Pocket